落落晨星【らくらくしんせい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
落落晨星

【読み方】
らくらくしんせい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
しだいに仲のよい友人がいなくなること。また、友人が年とともにだんだん死んでいなくなること。

【語源・由来】
劉禹錫の詩より。「落落」はまばらでさみしいさま。「晨星」は夜明けの空に残っている星のこと。明け方の空に残っていた星が一つ一つ消えていく意。

【類義語】
・晨星落落(しんせいらくらく)


落落晨星(らくらくしんせい)の使い方

ともこ
健太くんのおじいちゃんは、最近元気がないわよね。
健太
友人たちがどんどん高齢化して、落落晨星となってさみしいんだって。
ともこ
それじゃあ、若い私たちが遊び相手になりましょうよ。
健太
おじいちゃんが元気になりすぎて困ってしまうかもね。

落落晨星(らくらくしんせい)の例文

  1. 落落晨星というように、あの人も亡くなってしまったから、次は私かな。
  2. 年を経るごとに落落晨星、届く年賀状が喪中はがきに代わっていきました。
  3. 落落晨星で、外出したいと思えなくなりました。
  4. この年になると落落晨星、生きている友人を数える方がはやいです。
  5. 落落晨星となって、新聞の訃報欄で友人の名を見かけることが多くなりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事