乱離拡散【らんりかくさん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
乱離拡散

【読み方】
らんりかくさん

「乱離」は「らり」とも読む。
日本漢字能力検定
4級

【意味】
世の乱れに遭って、人々が離れ離れになること。また世の中がめちゃめちゃになったありさま。

【類義語】
・乱離骨灰(らりこっぱい)
・乱離骨灰(らりこっぱい)


乱離拡散(らんりかくさん)の使い方

健太
1999年に恐怖の大魔王が降ってきて、乱離拡散の世に遭うといわれていたよね。
ともこ
そうだったわね。
健太
でも、何も起きなかったよね。
ともこ
でも、大地震や気候変動が続くこの地球で、いつ食糧危機や病気の蔓延が起きて、人類が滅びるかわからない状態よ。タイムラグが生じているだけで当たるかもよー。

乱離拡散(らんりかくさん)の例文

  1. 紛争が起きて、民が乱離拡散するという悲劇が生じました。
  2. 核兵器のせいで乱離拡散の世になりました。
  3. 乱離拡散の世に遭った人たちが、難民となって押し寄せてきています。
  4. この世が乱離拡散となったのは、為政者のせいばかりではない、投票権のある国民の責任でもある。
  5. テロで乱離拡散、滅茶苦茶になってしまったこの国を、生き残った私たちの手で立て直したい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事