一水盈盈【いっすいえいえい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
一水盈盈

【読み方】
いっすいえいえい

【意味】
水満ちわたる一筋の川。互いに心惹かれながら、相見たり言葉を交わしたりできないたとえ。「盈盈」は水が満ち溢れるさま。一説に、端麗な女性にたとえた語ともいう。

【類義語】
・盈盈一水(えいえいいっすい)

【語源・由来】
牽牛と織女の七夕伝説を題材に、一筋の天の河があることで、見つめるだけで会話することが出来ない切なさをうたった詩。

【スポンサーリンク】

一水盈盈(いっすいえいえい)の使い方

健太
ともこちゃん。大好きなあの子が転校することになったんだ。一水盈盈だよ。
ともこ
毎日電話をすればいいじゃないの。
健太
毎日顔を見て話がしたいんだよ。
ともこ
本当に好きなら、二人で乗り越えられるはずよ。がんばって。

一水盈盈(いっすいえいえい)の例文

  1. 一水盈盈、ロミオとジュリエットのように引き離されてしまいました。
  2. 一水盈盈、私達の愛は、身分が違いすぎて結ばれない運命です。
  3. 一水盈盈、彼女が病気で入院していて会うことが出来ません。
  4. 一水盈盈、受験が終わるまで会わない約束をしたのですが、正直つらいです。
  5. 一水盈盈、会えなくてつらいですが、会えない時間が愛をはぐくむと前向きに考えています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事