狼貪虎視【ろうどんこし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
狼貪虎視

【読み方】
ろうどんこし

【意味】
野心が旺盛なことのたとえ。または、無道で欲が深いこと。

【語源・由来】
「長生殿」陥関より。 狼貪」は狼のように欲が深いこと。「虎視」は虎が獲物を狙うように見ること。

【類義語】
・虎狼之心(ころうのこころ)
・虎狼之毒(ころうのどく)

【スポンサーリンク】

狼貪虎視(ろうどんこし)の使い方

健太
将来は、有名な歌手になって、ミリオンセラーを連発して、人気女子アナウンサーと結婚したい!
ともこ
狼貪虎視ねえ。健太くんは野心の塊ね。でもかなえることが出来るかしら。
健太
うん。出来るよ。
ともこ
だって健太くんは歌が下手で詩を書くのも下手じゃない。野心だけじゃ成功できないわよー。

狼貪虎視(ろうどんこし)の例文

  1. 狼貪虎視な彼にとって、今の地位は満足できないものでした。
  2. 人間の狼貪虎視なところが、科学を発展させました。
  3. 健太くんは、狼貪虎視で、自分の成功のためなら家族を犠牲にしてもかまわないと考えているような人でした。
  4. 戦国時代には、天下統一をもくろむ狼貪虎視な武士がたくさんいました。
  5. 彼は、狼貪虎視だから、このままでは終わらないでしょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事