養虎遺患【ようこいかん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
養虎遺患

【読み方】
ようこいかん

【意味】
敵である者を許してしまい、後に災いを残すこと。「養虎」は敵である虎を養うという意味から、敵を許してしまうこと。

【語源・由来】
「史記」項羽紀より。「遺患」は後に災いの元になるものを残すこと。劉邦が項羽の討伐を迷っていたときに、今追撃しないことは虎を養い憂いを後に遺すことになると説いた故事から。

【類義語】
・放虎帰山(ほうこきざん)


養虎遺患(ようこいかん)の例文

健太
青虫が僕の大事な木の葉っぱを食べていたんだ。
ともこ
それで、駆除したの?
健太
ううん。青虫も一生懸命生きているんだからと思って許したんだ。そうしたら、いつの間にか大きくなって巣立ったと思ったら、なんと!卵をたくさん産んで青虫が大発生、木が枯れたんだ。
ともこ
養虎遺患ね。食べられた葉っぱに気が付いた時に駆除するべきだったわね。

養虎遺患(ようこいかん)の使い方

  1. 養虎遺患というように、敵に改心する気がない時は、後の憂いを断つためにも何らかの処分をすべきです。
  2. かつて見逃してやった万引き犯が、強盗団になってしまったので養虎遺患、誤った判断でした。
  3. 養虎遺患というが、かつて許した彼にこんなに脅かされることになるなんて。
  4. ここで情けをかけると、養虎遺患、後々、自分が苦しむことになるよ。
  5. 養虎遺患、存在を許容せず、早々に潰しておくべきでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事