濮上之音【ぼくじょうのおん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
濮上之音

【読み方】
ぼくじょうのおん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
淫乱な音楽のこと。また、国を滅亡にみちびく亡国の音楽のこと。

【語源・由来】
『礼記』「楽記」より。「濮上」は濮水(河南省にある川の名)のほとりのこと。「桑間濮上の音」の略。
中国衛の霊公が晋に行く途中、夜半に濮水のほとりで聞いた音楽が素晴らしかったので、これを晋の平公の前で演奏させた。すると晋の楽官師曠が、これは殷を滅亡させた不吉な音楽だといって演奏をやめさせたという故事から。

【類義語】
・桑間濮上(そうかんぼくじょう)
・桑濮之音(そうぼくのおん)


濮上之音(ぼくじょうのおん)の使い方

健太
これは、日本が敗戦する日に流れていたと噂されていた濮上之音じゃないか。
ともこ
そうなの?その噂は本当なの?
健太
間違いないよ。この音楽だよ。
ともこ
日本は滅びるのー?いやだわー。

濮上之音(ぼくじょうのおん)の例文

  1. こんな濮上之音のような音楽がラジオから流れるなんて、地球滅亡の予言は本当かもしれない。
  2. 濮上之音をテレビで流したら、この国を亡ぼす気かと視聴者から怒られました。
  3. こんな卑猥な歌詞の濮上之音がはやるなんて、いまどきの若者は情けない。
  4. 濮上之音は教育上よくないということで販売が中止されました。
  5. 濮上之音が聞こえた次の日に、本当にミサイルが撃ち込まれました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事