狼心狗肺【ろうしんこうはい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
狼心狗肺

【読み方】
ろうしんこうはい

「ろうしんくはい」とも読む。

【意味】
人の心が残酷で、欲深いことのたとえ。

【語源・由来】
「醒世恒言」より。「狼心」は狼のように冷酷で欲深い心、「狗」は犬のことで、卑しさや狡賢いことのたとえ、「肺」は心の奥や心のそこのこと。

【スポンサーリンク】

狼心狗肺(ろうしんこうはい)の使い方

ともこ
健太くん。私の秘密の場所を友達に教えたでしょう?裏切りだわ。
健太
しょうがなかったんだよ。あの場所を教えたらアイスクリームを一年分くれるって言われたんだもの。
ともこ
欲のために人を裏切るなんて、狼心狗肺、残酷すぎる。
健太
友人であるともこちゃんを裏切ることで僕もつらかったんだよ。でもアイスへの欲求にはかなわなかったんだ。

狼心狗肺(ろうしんこうはい)の例文

  1. 織田信長は、狼心狗肺、自分の望みのためなら人を殺すこともいとわない。
  2. 彼は、狼心狗肺だから、情で訴えても聞く耳を持ってくれないよ。
  3. 狼心狗肺な彼は、きっと地獄に真っ逆さまに落ちるでしょう。
  4. 命を助けた人に裏切られるとは、狼心狗肺、こんなひどい人が世の中にいるとは思わなかった。
  5. 君が困っているときに助けてあげたのに、狼心狗肺、私が困ったら見捨てるのか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事