落花狼藉【らっかろうぜき】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
落花狼藉

【読み方】
らっかろうぜき

【意味】
①あちこちひどく散らかっていること。
②女性に乱暴を働くこと。

【語源・由来】
「和漢朗詠集」上より。①の場合、花が舞い散るという意味から。「落花」は花が散ること。「狼藉」は狼が草を敷いて寝た後の散らかっている様子のこと。②の場合、花を荒っぽく散らすという意味から。「落花」は花弁が乱れ落ちること。「狼藉」は狼が寝た後は酷く散らかるということから、乱暴な振舞いのたとえ。

【類義語】
・杯盤狼藉(はいばんろうぜき)
・乱暴狼藉(らんぼうろうぜき)

【スポンサーリンク】

落花狼藉(らっかろうぜき)の使い方

ともこ
健太くんの部屋を初めてみるわね。
健太
そうだね。散らかっているけどどうぞ。
ともこ
うわあ。落花狼藉、泥棒に入られた後みたい。
健太
あはは。そんな感じだね。これでもきれいな方なんだよ。

落花狼藉(らっかろうぜき)の例文

  1. ランチタイム中で、忙しいのか、店内は落花狼藉、片づける暇もないといった様子でした。
  2. 健太くんは、次から次へと新しい遊びをはじめ、片付けをしないので落花狼藉、誰が片付けるんでしょうね。
  3. 花見客が残していったごみで落花狼藉、きれいな公園が台無しです。
  4. ともこちゃんに落花狼藉をはたらくなんて許せません。
  5. か弱い女性に落花狼藉をする男性は、死刑でいいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事