才学非凡【さいがくひぼん】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
才学非凡

【読み方】
さいがくひぼん

【意味】
学問において人並み優れた力を持っていること。

「才学」は、学問。「非凡」は、人並み優れていること。

【類義語】
・才気煥発(さいきかんぱつ)
・脱俗超凡(だつぞくちょうぼん)


才学非凡(さいがくひぼん)の使い方

健太
才学非凡なともこちゃんが、NASAに声をかけられているって本当?
ともこ
噂って光の速さを上回るのね。
健太
本当なの?
ともこ
本当よ。来年からアメリカに行くの。楽しみー。

才学非凡(さいがくひぼん)の例文

  1. ともこちゃんは、才学非凡なので、日本の画一的な教育では才能をつぶす結果となるだろう。
  2. 才学非凡な健太くんは、日本を越えて世界で活躍しています。
  3. ともこちゃんは、小さいころから才学非凡で、神の子と呼ばれていました。
  4. 健太くんの才学非凡さが、この世界を救うかもしれない。
  5. ともこちゃんは学非凡なので、先生が休みの際は、代わりに教鞭をとっていた。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事