見性成仏【けんしょうじょうぶつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
見性成仏

【読み方】
けんしょうじょうぶつ

日本漢字能力検定
2級

【意味】
本来もっている自分の本性・仏心を見きわめて悟ること。すべての人が本来的に仏であることが体感としてつかみうることをいう。

【語源・由来】
仏教語。特に禅宗の語。「見性」は自己の本性を見きわめること。

【類義語】
・見性悟道(けんしょうごどう)


見性成仏(けんしょうじょうぶつ)の使い方

健太
ともこちゃんはいつでも冷静で、まるで悟った仏陀のようだね。
ともこ
健太くんも座禅を組んで、自分と向き合えばいいのよ。
健太
だめだよ。僕なんてともこちゃんのように優秀じゃないもの。
ともこ
人と比べているからだめなのよ。見性成仏というように、自分の心と向きあって悟りを得るべきなのよ。

見性成仏(けんしょうじょうぶつ)の例文

  1. 写経をしていると、見性成仏というように自分でも気がつかなかった本音が見えてきた気がします。
  2. 無心で走っていると、見性成仏、悟りを得たように感じる瞬間があります。
  3. いつも忙しそうなともこちゃんに、見性成仏というように立ち止まって自分の心を見つめる時間を作ってごらんと言ってあげたいです。
  4. 煮詰まった時には座禅をして、見性成仏することにしています。
  5. 見性成仏というように、まずは自分とちゃんと向き合うことからはじめましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事