残膏賸馥【ざんこうしょうふく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
残膏賸馥

【読み方】
ざんこうしょうふく

「ざんこうようふく」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
すぐれた人物や詩文の形容。人がいたあとに残る香気の意味。

【語源・由来】
『新唐書』「杜甫伝・賛」より。「膏」はあぶる。「賸」は余に同じ。「馥」は香り。

【類義語】
・遺風余香(いふうよこう)
・遺風残香(いふうざんこう)


残膏賸馥(ざんこうしょうふく)の使い方

健太
ともこちゃん。詩のコンクールで最優秀賞をとったんだって?
ともこ
そうなの。先生から聞いた時、びっくりしたわ。
健太
ともこちゃんから見せてもらったとき、あの詩は残膏賸馥だと思ったよ。
ともこ
本当に?うれしいわ。

残膏賸馥(ざんこうしょうふく)の例文

  1. ともこちゃんは伝統あるわが校の生徒会長にふさわしい、残膏賸馥な女性です。
  2. 彼の作る詩は残膏賸馥で、国境や言葉の垣根をこえて、多くの人に感動を与えています。
  3. 長男に跡を継がせたかったけれども、次男は残膏賸馥、とても優秀だから次男に継がせようと思う。
  4. こんな残膏賸馥な詩に曲を付けるなんて、とても恐れ多くてできません。
  5. その詩集の中の詩はどれも残膏賸馥だったので、いつも持ち歩いています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事