山川万里【さんせんばんり】の意味と使い方の例文

【四字熟語】
山川万里

【読み方】
さんせんばんり

【意味】
山川を越えて遠くへだたっていること。


山川万里(さんせんばんり)の使い方

ともこ
健太くんの親友は引っ越してしまったのよね。
健太
そうなんだ。山川万里の距離の所に行ってしまったんだよ。
ともこ
さみしいわね。
健太
今は、ZOOMもできるし、友情は永遠だよ。

山川万里(さんせんばんり)の例文

  1. 山川万里の距離にいる高名なピアノの先生に師事している。
  2. ともこちゃんとは、山川万里離れても心は近くにいると思っています。
  3. 山川万里超えた所に自分が望む学校がある。
  4. 健太くんは、山川万里離れたおじいちゃんが心配で、よく電話をかける。
  5. 転校が多かったともこちゃんは、山川万里超えたところにたくさんの友人がいる。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事