残忍冷酷【ざんにんれいこく】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
残忍冷酷

【読み方】
ざんにんれいこく

【意味】
情愛が薄くむごいこと。

「残」「忍」ともに、ここでは、思いやりがない。「冷酷」は、情愛がうすくむごいこと。

【類義語】
・残虐非道(ざんぎゃくひどう)
・残虐無動(ざんぎゃくむどう)
・残酷非道(ざんこくひどう)
・残忍告白(ざんにんこくはく)
・残忍薄行(ざんにんはっこう)
・残忍非道(ざんにんひどう)
・暴虐非道(ぼうぎゃくひどう)


残忍冷酷(ざんにんれいこく)の使い方

健太
うわあ。猫が怪我をしているよ。誰かに蹴られたみたいだね。残忍冷酷な人の仕業だな。
ともこ
ひどいわね。病院に連れっていってあげましょう。
健太
そうだね。それから犯人を捕まえてあげよう。
ともこ
うん。他の猫ちゃんが犠牲になる前に捕まえましょう。

残忍冷酷(ざんにんれいこく)の例文

  1. 残忍冷酷なともこちゃんは、健太くんを切り捨てるくらい朝飯前だ。
  2. 健太くんは見かけによらず残忍冷酷で、神をも恐れぬ所業をする。
  3. 残忍冷酷である健太くんは、笑いながらともこちゃんを突き落とした。
  4. 健太くんを殺害するなんて、残忍冷酷なやつだ。
  5. 残忍冷酷事件を起こす犯人は、残忍冷酷なテレビゲームをしていることがよくあるという。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事