精忠無二【せいちゅうむに】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】
精忠無二

【読み方】
せいちゅうむに

【意味】
世の中に二つとないほどの純粋な忠義の心。

【語源・由来】
「精忠」は、まじりけのない忠義の心。「無二」は、二つとないこと。

【典拠・出典】


精忠無二(せいちゅうむに)の使い方

ともこ
健太くんは、空手部の先輩が言うことには絶対なの?
健太
そうだよ。絶対服従だよ。
ともこ
精忠無二ね。でも時代錯誤だわ。
健太
空手部の先輩に逆らうと怖いんだよ。

精忠無二(せいちゅうむに)の例文

  1. ともこちゃんの部下は、精忠無二な人ばかりです。
  2. あの精忠無二な健太くんが上司を裏切るはずがない。
  3. 精忠無二である健太くんは、先輩のためならばどこにいても駆けつけるでしょう。
  4. 侍のように健太くんは精忠無二で、海よりも深い忠誠心をもっています。
  5. ともこちゃんは、精忠無二な健太くんを重宝がっています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索