星火燎原【せいかりょうげん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
星火燎原

【読み方】
せいかりょうげん

日本漢字能力検定
1級

【意味】
初めは小さな勢力でも次第に成長して侮れなくなる。

【語源・由来】
『後漢書』「周紆伝」より。「星火」は見える星のような小さな火。「燎原」は野原を焼きはらうこと。反乱や一揆などは初めは力が小さくてもだんだん広がって防ぎようがなくなることをたとえたもの。


星火燎原(せいかりょうげん)の使い方

健太
食品の異物混入事件があったんだね。
ともこ
虫が入っていたらしいわよ。なのに、食品メーカーは、消費者の自作自演を疑ったらしいわ。でも調査した結果、やっぱり製造過程での混入が認められたそうよ。
健太
それで火消しが遅れて星火燎原、大変な騒ぎになってしまったんだね。
ともこ
今回のことで信用を取り戻すまでに相当な時間がかかるでしょうね。

星火燎原(せいかりょうげん)の例文

  1. 火種になりそうなことは、徹底的につぶしておかないと星火燎原になりかねない。
  2. 虫歯は初期の段階で手を施さないと、星火燎原というように、歯を抜かなければいけないことになります。
  3. 今の世の中、インターネットですぐに星火燎原、拡散され炎上してしまいますよ。
  4. 問題を先送りにすると、星火燎原、自分の力ではどうしようもできない問題になってしまいます。
  5. 星火燎原とならないように迅速に手を打とう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事