生滅滅已【しょうめつめつい】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
生滅滅已

【読み方】
しょうめつめつい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
生と滅、生きることと死ぬことがなくなって、ともに存しないこと。生滅無常の現世を離れて生死を超越した涅槃に入ること。

【語源・由来】
『涅槃経』「一四」より。仏教の語。


生滅滅已(しょうめつめつい)の使い方

健太
生きていることは苦行かっていうくらいつらいことばかりだよ。
ともこ
そんなに生きることがつらいの?
健太
つらいよー。毎日が厳しい修行みたいだ。生滅滅已したいなあ。
ともこ
それは現実から逃げているだけよ。逃げずに立ち向かって、そのつらさすら乗り越えて無の境地に至らないと、生滅滅已は難しいわね。

生滅滅已(しょうめつめつい)の例文

  1. いずれ生滅滅已するために、山にこもって厳しい修行を積んでいます。
  2. 生滅滅已し、仏様のそばに、涅槃に入りたいので、毎日念仏を唱えています。
  3. 生滅滅已、現世を超越し仏果を得るために、今までの苦労があったんだと思います。
  4. あとどれだけの輪廻転生を繰り返せば、生滅滅已し、涅槃に入ることができるのか、誰にも分りません。
  5. 心静かにお経を唱えることが、生滅滅已する近道なのかもしれません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事