凌霄之志【りょうしょうのこころざし】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
凌霄之志

【読み方】
りょうしょうのこころざし

日本漢字能力検定
1級

【意味】
俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。

【語源・由来】
『漢書』「揚雄伝」より。

【類義語】
・凌雲之志(りょううんのこころざし)
・凌雲之気(りょううんのき)
・凌雲意気(りょううんいき)
・壮士凌雲(そうしりょううん)


凌霄之志(りょうしょうのこころざし)の使い方

ともこ
最近健太くんのお兄さんを見かけないわよね。
健太
凌霄之志を抱いて海外に旅立っていったんだよ。
ともこ
へえ。それは思い切ったことをしたわね。
健太
大きく成長して帰ってくるといいんだけどね。

凌霄之志(りょうしょうのこころざし)の例文

  1. 若いころ、凌霄之志を抱いて東京に出て来ました。
  2. 君はまだ若いんだから、そんな諦観した顔をしないで、凌霄之志をもってがんばりなよ。
  3. 健太くんは、この春から凌霄之志を抱いて会社に入社しました。
  4. 凌霄之志を抱いていたあの頃の自分を忘れかけていました。
  5. 今、旅立ちの時を迎え、凌霄之志を抱いて雄飛しようとする君たちにエールを送ります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事