晴好雨奇【せいこううき】の意味と使い方の例文(類義語・語源由来・英語訳)

【四字熟語】
晴好雨奇

【読み方】
せいこううき

日本漢字能力検定
4級

【意味】
晴天でも雨天でもすばらしい景色のこと。
自然の眺めが晴天では美しく、一方、雨が降ったら降ったですばらしいこと。
「好」は美しいこと。
「奇」は、普通のようすからかけ離れてすぐれていること。

「晴好雨奇の眺め」「晴好雨奇の趣」などと表現する。

【語源・由来】
出典:蘇軾(そしょく)の詩「湖上(こじょう)に飲(の)む初(はじ)め晴(は)れ後(のち)雨(あめ)ふる」より
『水光瀲灔(れんえん)として晴れ方(まさ)に好(よ)く、山色空濛(くうもう)として雨も亦(ま)た奇なり』
さざ波が湖面にきらきらと輝き、晴れわたっている日の景色はすばらしい。ところで、ぼんやりともやに煙った山の色、うん。雨の日の景色もなかなかすばらしい。

【類義語】
・雨奇晴好(うきせいこう)
・山紫水明(さんしすいめい)

【英語訳】
the scenery being beautiful in both sunny and rainy weather

【スポンサーリンク】

晴好雨奇(せいこううき)の使い方

健太
ともこ君、はい、お土産。
ともこ
先輩、ありがとうございます! 新婚旅行のカナダはどうでした~?
健太
いや~、晴好雨奇の眺望が美しく、ハネムーンには最適の場所だったよ。特にオーロラは最高だね!
ともこ
素敵ですね~。でも一番美しかったのは、奥様の笑顔だったんじゃないですか~?

晴好雨奇(せいこううき)の例文

  1. ペルーの有名な観光地「マチュピチュ」は晴好雨奇でいつ訪れてもすばらしい感動がある。
  2. 東京スカイツリーはまさに晴好雨奇。どんな天気でもそれぞれの風情を楽しめる、日本を代表する観光地である。
  3. 美しい城主の死が未だに謎であるノイシュバンシュタイン城は、未完のミステリーを秘めたまま晴好雨奇の眺望で多くの観光客を集めている。
  4. 晴好雨奇を楽しめる、この庭がお気に入りの場所なのだ。
  5. 瀟湘八景は晴好雨奇の地で、山水図の画題として有名である。
  6. 雨の日は静かに眠れて、癒される。晴れてる日は行動的に活動できる。
    晴好雨奇、毎日が素晴らしい!

まとめ

晴れでも雨でも美しい。そんな全天候型の眺望を称えた四字熟語である。
そのまま心の持ちように生かせるのではないだろうか。
どんな状況でも楽しむ。晴れでも雨でも、趣の違う良い展開があるはずだ。
余裕のある心を作るために覚えていたい言葉である。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事