政教分離【せいきょうぶんり】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
政教分離

【読み方】
せいきょうぶんり

【意味】
政治と宗教の結びつきを断つこと。
宗教団体が政治に介入しない、また、政府が特定の宗教団体や個人の信仰に干渉しないという原則。
国家と教会の分離を定めたもの。

【語源・由来】
「政教」は政治と宗教。
「分離」はそれぞれをはなすこと。

古くから世界中のあらゆる国で問題となってきた、政治と宗教の関わりを分離させるよう憲法上で定めた原則。

【類義語】
祭政分離 (さいせいぶんり)

【対義語】
・祭政一致(さいせいいっち)
・政教一致(せいきょういっち)

【英語訳】
・Separation of church and state
・politico-religious separation
・separation of politics and religion
・separation of state and religion
・separation of state from religion
・separation of politics from religion

【スポンサーリンク】

政教分離(せいきょうぶんり)の使い方

ともこ
今日の歴史の授業で習った「島原の乱」、なんか考えさせられちゃったわ。
健太
天草四郎を総大将とした、キリシタン弾圧に対する大規模一揆だよね。
ともこ
今は宗教の自由って言葉があるくらいなのに、昔は特定の教えを信じる人を迫害していたなんて・・・
健太
それだけ宗教が国家や国民に与える影響が大きいってことなんじゃないかな。そういう歴史があって、政教分離という原則が憲法で保障されるようになったんだよ。

政教分離(せいきょうぶんり)の例文

  1. 政教分離が原則としてあるので、特定の宗教団体が政治をしたいと思ったら、別に政治団体を作らなければならない。宗教と政治とは別個の存在にする必要があるのだ。
  2. アメリカは政教分離の国。
  3. 宗教の覇権争いへの反省から全ての思想を認め、国家は宗教に関与しないとして、宗教の自由と政教分離が掲げられた。
  4. 今回の裁判は政教分離の原則に基づき、違憲とする!

まとめ

政治と宗教が関りを持つと、特定の宗教色に染まった国家ができあがる。
また宗教団体が国政を担うと、公平ではいかなくなる。
国というのは色々な人で作られる。思想や信じる神も様々だ。
弾圧する権利は国にも誰にもない。
政教分離とは自由な国家を作るのに欠かせない原則なのである。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事