扇影衣香【せんえいいこう】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
扇影衣香

【読み方】
せんえいいこう

日本漢字能力検定
4級

【意味】
貴婦人が多く寄り集うさま。

【語源・由来】
手に持つ扇子の影と、きらびやかな衣装の芳香という意味から。高貴な身分の女性たちの会合の様子を形容したもの。


扇影衣香(せんえいいこう)の使い方

ともこ
明日、ティーパーティーがあるんだけど来ない?
健太
セレブな人たちが集まる扇影衣香でしょう?しかも女性ばっかりの。
ともこ
そうよ。お母さんの友達のセレブばかりよ。でもおいしいお菓子がたくさんあると思うわよ。
健太
ともこちゃんの友達としてぜひ参加したい。

扇影衣香(せんえいいこう)の例文

  1. 扇影衣香は、表面的にはお茶会ですが、情報交換の場として利用されていました。
  2. 優雅そうに見える扇影衣香だけれども、ご主人の地位によってヒエラルキーが決定し、とても気を遣わなくてはいけないから大変なんですよ。
  3. あのレストランはいつも予約で満席で、マダム達の扇影衣香がひらかれています。
  4. 扇影衣香ならぬ女子会を毎月開催して、仕事のストレス発散をしています。
  5. 扇影衣香から漏れ聞こえる会話は、ご主人の悪口ばかりで、セレブで恵まれてそうなのにあまり幸せそうには思えませんでした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事