摂取不捨【せっしゅふしゃ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
摂取不捨

【読み方】
せっしゅふしゃ

日本漢字能力検定
3級

【意味】
仏がすべての生き物を見捨てず救うこと。

【語源・由来】
『感無量寿経』より。「摂取」は仏が慈悲によって衆生を救うこと。「不捨」は仏がどんな生き物も見捨てることはないということ。


摂取不捨(せっしゅふしゃ)の使い方

健太
何でこんなにアンラッキーな人生なんだろうか。
ともこ
そんなに嘆かないで、前向きに生きていきましょうよ。
健太
こんな人生もう嫌だ。生きていくのがつらいよ。
ともこ
摂取不捨の利益があるわよ。いずれ救われる時が来るわ。だからその時まで前向きに楽しく生きましょうよ。

摂取不捨(せっしゅふしゃ)の例文

  1. 摂取不捨の利益を得るために、毎日念仏を唱えています。
  2. 仏陀は摂取不捨の利益を、幸福から目をそむけるものにも、幸福を望むものにもすべての人に与えます。
  3. 摂取不捨を得ることを人生の目的として、毎日生きています。
  4. 親鸞は摂取不捨の利益をあずかり、最高の幸福を手に入れたそうですが、私も摂取不捨の利益にあずかって、最高の幸福を手にしたいものです。
  5. 人は幸せになると、これが永遠ではないことに恐怖を感じますが、摂取不捨の利益は永遠で恐怖から解放されます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事