新涼灯火【しんりょうとうか】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
新涼灯火

【読み方】
しんりょうとうか

日本漢字能力検定
2級

【意味】
初秋の涼しさは読書にふさわしい。

【語源・由来】
「新涼」は秋の初めの涼しさ。「灯火」は灯火の下で読書をするという意味を略した語。

【類義語】
・灯火可親(とうかかしん)


新涼灯火(しんりょうとうか)の使い方

健太
残暑が厳しかったけれども、ようやく新涼灯火のころだね。涼しくて読書がはかどるよ。
ともこ
ええっ。教科書ですら読まない健太くんが読書をするの?
健太
僕だって読書をするよ。・・・漫画だけど。
ともこ
やっぱりね。そんなことだろうと思ったわ。

新涼灯火(しんりょうとうか)の例文

  1. 秋は新涼灯火、読書にもってこいの季節だけれども、スポーツをするにも最適な季節です。
  2. 日が傾き、秋風が吹き始め、新涼灯火というように、無性に読書をしたくなる季節です。
  3. 夏バテを乗り越え、新涼灯火の候、勉強に集中できる季節だ、受験前のラストスパートをがんばろう。
  4. 新涼灯火の頃、公園には、のんびりベンチで読書をする人たちをちらほら見かけます。
  5. めっきり涼しくなって、今年も新涼灯火の時期がやってきた、おすすめの本を並べて当図書館貸出数アップにつなげよう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事