死中求活【しちゅうきゅうかつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
死中求活

【読み方】
しちゅうきゅうかつ

日本漢字能力検定
5級

【意味】
死ぬ覚悟で難関を切り抜ける。絶体絶命の窮地の中でも生き延びる方法を考えるという意味。

【語源・由来】
『後漢書』「公孫述伝」より。「死中」は死を待つしかないような状況。「求活」は活路を求めること。

【類義語】
・死中求生(しちゅうきゅうせい)


死中求活(しちゅうきゅうかつ)の使い方

健太
父さんの経営する会社が倒産しそうだったんだ。
ともこ
ええっ。大丈夫だったの?
健太
うん。死中求活の策で何とか切り抜けたんだよ。
ともこ
それはよかったわね。社員も家族である健太くんも助かったわね。

死中求活(しちゅうきゅうかつ)の例文

  1. 死中求活の思いで頭をひねれば、ピンチをチャンスに変えることも可能なのだよ。
  2. 健太くんは、死中求活の思いで、あきらめずがんばり続け、この大会で優勝しました。
  3. 死中求活の思いで、恥やプライドを捨てて、助けを乞いに頭を下げて回りました。
  4. 健太くんはこのままだまって死を待つがらではなかったので、死中求活の策を必死で探しました。
  5. 健太くんは絶体絶命の状態で、死中求活の策を考え、血路を切り開きました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事