驚天動地【きょうてんどうち】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

【四字熟語】
驚天動地

「天を驚かし地を動かす」とも読む。

【読み方】
きょうてんどうち

日本漢字能力検定
4級

【意味】
世間を非常に驚かせること。
聞いた人たちをひどく驚かせるような出来事や事件の形容。

【語源・由来】
白居易「李白墓」より。天を驚かし地を動かすの意味から。

【類義語】
・殷天動地(いんてんどうち)
・驚地動天(きょうちどうてん)
・驚天駭地(きょうてんがいち)
・震地動天(しんちどうてん)
・震天動地(しんてんどうち)

【英語訳】
astounding
startling
world-shaking
amazing
earth-shattering

【スポンサーリンク】

驚天動地(きょうてんどうち)の使い方

ともこ
健太くんが学校のテストで、十位以内に入ったらきっと先生もクラスの子たちも驚天動地するわよ。
健太
それが、このまえ十位だったんだよ。
ともこ
ええー。それは、驚天動地だわ。びっくりしすぎて、逆立ちして校庭を一周できそうよ。
健太
それは、すごい驚きようだね。実は、平均点が三十七点だった社会のテストで、直前に読んだ歴史まんがの内容が出たものだから百点だったんだ。それで、一気に順位が上がったんだよ。

驚天動地(きょうてんどうち)の例文

  1. 彼の家に、突然に彼女が十時過ぎにあらわれたのだが、彼女がこの家を訪ねあてて来たこと自体が驚天動地の出来事だった。
  2. 日本に、はじめての黒船来航があった時、国を挙げて驚天動地したものだった。
  3. 誰もが知り合いのような、この平和な町に、あのような驚天動地の事件が起こるとはだれも予想していなかった。
  4. 地方紙では、驚天動地の事件を追うことよりも、地道な住民に寄り添った報道にもっと力を入れるべきだと思う。
  5. 彼は先ほど、友人からの電話を受け「ヘリコプターで迎えに行くから屋上で待っていて。」と言われ、嘘に違いないと思いながらも屋上に行くと、本当にヘリコプターが着陸して彼を待っていたので驚天動地の心地だった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事