心願成就【しんがんじょうじゅ】の意味と使い方や例文(語源由来)

【四字熟語】
心願成就

【読み方】
しんがんじょうじゅ

【意味】
神仏などに心から念じていると願いはかなえられる。

【語源・由来】
「心願」は神仏などに心の中でかける願(がん)。心からの願い。

【典拠・出典】


心願成就(しんがんじょうじゅ)の使い方

健太
願い事ってどうすればかなうのかな。
ともこ
努力が欠かせないわよね。
健太
神様がぱぱっと僕の願いをかなえてくれないかな?
ともこ
強い思いと、欠かさない努力があれば、神様が助けてくれて心願成就するかもしれないわ。

心願成就(しんがんじょうじゅ)の例文

  1. 心願成就するために、心願成就のお守りを買いました。
  2. 憧れのともこちゃんと付き合うことができて、心願成就となりました。
  3. 合格通知を手に入れて、心願成就したことに喜びを覚えました。
  4. 日々の努力が実り、成功のドアが開き心願成就できました。
  5. ともこちゃんが側にいてくれたおかげでがんばることができて、心願成就、目標達成できました。

まとめ

神社に、心願成就のお守りが売られていますが、これは何でも願いをかなえてくれるお守りというわけではありません。心の中でただ一つの願いを強く持ち、かなうよう祈りましょう。きっと心願成就しますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索