白河夜船【しらかわよふね】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
白河夜船

「白河」は「白川」、「夜船」は「夜舟」とも書く

【読み方】
しらかわよふね

「しらかわよぶね」とも読む。

【意味】
何も気がつかないほど、ぐっすり寝入っている様子のこと。または、本当は知らないのに、知っているかのように振舞うこと。「白河」は京都の地名。

【語源・由来】
「毛吹草」二より。京都に行ってきたと嘘をついた男が、「白河」はどうだったかと尋ねられたときに、男は白河を川の名前だと勘違いし「夜の船で、眠っている間に通り過ぎたからよくわからない」と答えたため、男の嘘がばれてしまったという故事から。


白河夜船(しらかわよふね)の使い方

健太
普通の家ならまだ白河夜船の時刻だけれども、おばあちゃんのような豆腐屋さんは、起きている時間なんだよ。
ともこ
ふわあ。眠いわね。でも、せっかく豆腐屋の仕事体験をさせてもらうんだから、あくびをしている場合じゃないわね。
健太
うん。まだ真っ暗だね。おばあちゃんは、この生活を何十年も続けているから平気だそうだけど、僕も眠いよ。
ともこ
顔を洗ってすっきりしたわ。よしっ。豆腐作りの手伝いをがんばるぞ!

白河夜船(しらかわよふね)の例文

  1. 悪夢を見て目を覚ますと、家族はみんな白河夜船のようでした。
  2. 彼は疲れていたようで、横になるとすぐに白河夜船になった。
  3. 布団で白河夜船になっているときに、電話でたたき起こされました。
  4. 白河夜船で夜中の火事には全く気付かなかった。
  5. その時間は、お酒を飲み過ぎて白河夜船だったよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事