舐犢之愛【しとくのあい】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
舐犢之愛

【読み方】
しとくのあい

日本漢字能力検定
1級

【意味】
親が子をむやみに愛すること。

【語源・由来】
『後漢書』「楊彪伝」より。「舐」はなめるという意味。「犢」は牛の子。

【類義語】
・老牛舐犢(ろうぎゅうしとく)


舐犢之愛(しとくのあい)の使い方

ともこ
健太くん、今日はやけにぷりぷりしているわね。どうしたの?何か嫌なことでもあったの?
健太
昨日、母さんと喧嘩をしたんだ。絶対許さないんだから。
ともこ
健太くんは、舐犢之愛で育って、今までお母さんからいろんなことを許されてきたのに、健太くんは一度の喧嘩を許さないの?
健太
それもそうだよね。家に帰ったら母さんに謝るよ。

舐犢之愛(しとくのあい)の例文

  1. ともこちゃんは舐犢之愛で育ったから、家事を一切やったことが無くて、全然できないんだ。
  2. 舐犢之愛を示すだけでは、子供はわがままな子に育つ可能性があります。
  3. 舐犢之愛の中で育てられた健太くんは、人を疑うことを知りません。
  4. ともこちゃんは、両親の舐犢之愛の中で育ったので心優しい子です。
  5. 僕の母さんは獅子の子落としを実践するような親だったので、舐犢之愛で育った子がうらやましい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事