屍山血河【しざんけつが】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
屍山血河

【読み方】
しざんけつが

「しざんけっか」とも読む。
日本漢字能力検定
準1級

【意味】
非常に激しい戦闘のたとえ。

【語源・由来】
「屍山」は死体の山、「血河」は血の川のこと。激戦で死体が山のように積み重なり、血が川のように流れること。

【類義語】
・死屍累累(ししるいるい)


屍山血河(しざんけつが)の使い方

健太
この関ケ原古戦場で、東軍と西軍が屍山血河の戦いをくりひろげたんだよね。
ともこ
へえ。今では鳥がさえずる静かな場所ね。
健太
ここで徳川家康が勝ったことで、天下統一へとひた走ることになったんだから、時代が動いた戦いだったんだよ。
ともこ
ここは歴史的にすごい場所なのね。

屍山血河(しざんけつが)の例文

  1. 屍山血河の戦いをしても落城することはできなかったので、兵糧攻めをすることにしました。
  2. 敵が大勢陣を組んで、今にも攻め込もうとしている、明朝には、ここは屍山血河となるであろう。
  3. 応援に駆け付けた時には、もうすでに屍山血河のありさまで、敵味方の区別がつかない状況でした。
  4. 屍山血河の戦いが始まる前に、農民は全員城に逃げ込みました。
  5. 12月14日、高家吉良義央の屋敷は、赤穂浪士の仇討ちによって屍山血河となりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事