草行露宿【そうこうろしゅく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
草行露宿

【読み方】
そうこうろしゅく

日本漢字能力検定
4級

【意味】
草の生い茂った野原を分けて進み、野宿をしながら旅をすること。

【語源・由来】
『資治通鑑』「晋記」より。


草行露宿(そうこうろしゅく)の使い方

健太
昔は電話がなかったから、殿様同士の連絡は、人が走って書簡を直接手渡しで届けていたんだよね。
ともこ
敵対する殿様にばれないように、しかも急いで届けないといけないから、草行露宿して道を急ぎ、命がけの旅だったのよね。
健太
今なら、日本中どこでも同じ価格の切手を貼れば手紙が届くんだから、とても便利な世の中になったよね。
ともこ
郵便局の皆さんに感謝よね。

草行露宿(そうこうろしゅく)の例文

  1. 悟りを得るために、草行露宿して、厳しい旅をつづけ修行を積みました。
  2. 去年の夏休みは、草行露宿して日本を縦断する旅に出ました。
  3. 地震のために道が寸断され、草行露宿しながらようやく家にたどり着きました。
  4. バックパックを背負って、草行露宿の旅をした経験が、僕を大きく変えてくれたと思っています。
  5. 草行露宿の旅の末に手に入れた宝は、何物にも代えがたい仲間との絆でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事