草満囹圄【そうまんれいご】の意味と使い方や例文(語源由来・出典)

【四字熟語】
草満囹圄

「草、囹圄に満つ」とも読む。

【読み方】
そうまんれいご

「そうまんれいぎょ」とも読む。

【意味】
善政で国が良く治まっていること。

【語源・由来】
「囹圄」は牢獄のこと。獄舎に罪人がいないため、草が生い茂っているということから。

【典拠・出典】
隋書』「劉曠伝」


草満囹圄(そうまんれいご)の使い方

健太
最近、凶悪犯罪がないし、草満囹圄、平和な世の中だよね。
ともこ
総理大臣が変わってから、治安が良くて住みやすい世の中になったよね。
健太
そういえば、草満囹圄な世の中になってから、出生数が増えたらしいね。
ともこ
みんな安心して子育てができる世の中になったってことよね。

草満囹圄(そうまんれいご)の例文

  1. 草満囹圄な世にするために、ともこちゃんは政治家になることを決意しました。
  2. 歴史を学べば学ぶほど、草満囹圄な時代がほとんどないことに愕然としました。
  3. 草満囹圄な国を実現するために、王様は、国民が私利私欲を捨て思いやりを持つことの必要性を説きました。
  4. 100年の長きにわたって草満囹圄な時代が続きました。
  5. 草満囹圄な国になったので、文化芸術が発展しました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索