兎死狗烹【としくほう】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
兎死狗烹

【読み方】
としくほう

【意味】
利用できるときだけは重用されるが、利用できなくなるとすぐに捨てられるということのたとえ。元は、戦乱の世が終わって平和になると、武勲をあげた武将は必要なくなって殺されるということをいった言葉。「兎死して狗烹らる」とも読む。

【語源・由来】
「韓非子」より。 兎がいなくなれば、兎を捕まえるための猟犬は必要なくなって、猟犬は煮て食べられるという意味から。

【類義語】
・狡兎走狗(こうとそうく)
・狡兎良狗(こうとりょうく)
・鳥尽弓蔵(ちょうじんきゅうぞう)
・得魚忘筌(とくぎょぼうせん)
・得兎忘蹄(とくとぼうてい)


兎死狗烹(としくほう)の使い方

健太
忍者ってなんで今はいないのかな?徳川の時代が平和だったから、恐れられて、兎死狗烹、全滅させられたのかな?
ともこ
実際の忍者はスパイに近い感じで、ハットリ君のような忍術は使わなかったらしいわよ。だから民間人になったんだと思うわ。
健太
そうなの?魔法使いみたいなものかと思っていたよ。僕も修行すればなれると思っていたのに。
ともこ
もし、ハットリ君が存在したとしても、三日坊主の健太くんには無理よ。

兎死狗烹(としくほう)の例文

  1. 部長が社長になるために死力を尽くしたのに、兎死狗烹、会社から追い出すなんてあんまりだ。
  2. 兎死狗烹、尽くすだけ尽くさせておいて、大願成就したらもういらないなんてひどい話です。
  3. 兎死狗烹、彼の成功のために頑張ってきた僕は何だったんでしょう。
  4. 兎死狗烹、あれだけ重宝していた彼を切るなんて、社長は残酷だなあ。
  5. 兎死狗烹、社員は使い捨てのコマではない!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事