壮士凌雲【そうしりょううん】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
壮士凌雲

「壮士陵雲」とも書く。

【読み方】
そうしりょううん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
俗世間を遠く超越したいと願う高尚なこころざし。また、志気盛んに大いに飛躍しようとするこころざし。

【語源・由来】
『漢書』「揚雄伝」より。「凌雲」は雲を高くしのいで上るという意味。転じて俗世を超越すること。

【類義語】
・凌霄之志(りょうしょうのこころざし)
・凌雲意気(りょううんいき)
・凌雲之気(りょううんのき)
・荘士凌雲(そうしりょううん)


壮士凌雲(そうしりょううん)の使い方

ともこ
健太くんのお兄さんは、春から新社会人ね。
健太
壮士凌雲を胸に社会に羽ばたいていくことだろうね。
ともこ
健太くんも壮士凌雲を胸に、もっと上を目指してみてはどうかしら。
健太
僕は小さくまとまっていたいんだ。現状維持で頑張ります。

壮士凌雲(そうしりょううん)の例文

  1. ともこちゃんは壮士凌雲を胸に抱いて、海外の大学に留学することを決意しました。
  2. 日本男児たるもの壮士凌雲を胸に大きく羽ばたくべきです。
  3. 壮士凌雲を抱いた健太くんは、上京して努力を続けているようです。
  4. IT企業の社長になって、僕も月に行くんだと言っていた健太くんは、壮士凌雲の精神で大学で勉強を頑張っているようです。
  5. 壮士凌雲を心に抱き続けていたともこちゃんは、イメージ通りに成功することができたようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事