荘周之夢【そうしゅうのゆめ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
荘周之夢

【読み方】
そうしゅうのゆめ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
万物一体観に立つ人の心境・境地。また、人生のはかないことのたとえ。

【語源・由来】
『荘子』「斉物論」より。荘子(荘周)が夢の中で胡蝶となり彼と我との区別を忘れ楽しんだ故事。

【類義語】
・胡蝶之夢(こちょうのゆめ)


荘周之夢(そうしゅうのゆめ)の使い方

ともこ
健太くん。ゲーム三昧の日々で後で後悔しても知らないんだからね。
健太
後悔なんてしないよ。今がよければすべてよしだよ。
ともこ
人生は荘周之夢、あっという間に終わってしまうわよ。
健太
浦島太郎みたいに?それは困るよ。

荘周之夢(そうしゅうのゆめ)の例文

  1. 森の中にいると荘周之夢のように、自然と一体化した気分になれます。
  2. 寝起きの健太くんは、荘周之夢というように、現実と夢とのはざまにいるようでした。
  3. 荘周之夢のように、人の一生ははかないものだから、一瞬一瞬を大事に生きていこう。
  4. 若いうちに一生懸命夢を追わないと、人生は荘周之夢、年を取った時に必ず悔やむことになるでしょう。
  5. 合唱を歌っているときは、荘周之夢のように、クラスの生徒全体が一体になったようです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事