照猫画虎【しょうびょうがこ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
照猫画虎

【読み方】
しょうびょうがこ

【意味】
本質を理解せずに、見た目を真似すること。「猫に照らして虎を画く」とも読む。

【語源・由来】
「創業」不信没有油より。虎の絵を描くために、見た目が似ている猫を手本にするという意味から。

【類義語】
・画虎類狗(がこるいく)


照猫画虎(しょうびょうがこ)の使い方

ともこ
健太くん。最近、あの男気があって人気のある先輩のまねをしているでしょう?
健太
えっ。どうしてわかったの?
ともこ
真似をしても照猫画虎になるだけよ。健太くんは、健太くんの良さを大事にしていけばいいのよ。
健太
どうしても先輩みたいになりたかったんだよー。

照猫画虎(しょうびょうがこ)の例文

  1. 照猫画虎、歴史的背景を理解せずにまねしても本質は理解できません。
  2. 作曲家のことを知ろうとしないと、プロのまねをしてピアノを弾いても、作者が伝えたいことは表現できず照猫画虎です。
  3. 照猫画虎、形式的に神社にお参りしても、本質を理解しない人にご利益があるはずがないです。
  4. 形だけ物まねする照猫画虎のようなことをすると、中身が空っぽな人間になります。
  5. 照猫画虎というように、誰かの物まねをしても決してその人になることが出来るわけではないので、幸せになることはできません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事