消化不良【しょうかふりょう】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
消化不良

【読み方】
しょうかふりょう

【意味】
胃や腸の働きが悪くて、食べ物の消化がうまくいかないこと。
また、知識や技術がまだ自分のものになっていないこと。

【語源・由来】
「消化(しょうか)」とは、胃や腸で食べ物を分解して、体内に栄養素を吸収できるようにすること。
「不良(ふりょう)」とは、働きがよくないこと。

【類義語】

【対義語】

【英語訳】


消化不良(しょうかふりょう)の使い方

健太
ともこちゃん、一緒に病院へついてきてくれないかな。
ともこ
あら、健太くん顔色が悪いけれど、どうしたの?
健太
さっき食べ過ぎてしまったみたいで、お腹がすごく痛いんだ。
ともこ
食べ放題だからといって、食べ過ぎるから、消化不良を起こしているんじゃないかしら。

消化不良(しょうかふりょう)の例文

  1. 兄はいつも欲張って食べ過ぎるから、消化不良になっているのだと思う。そんなに欲張らなくても、誰も取ったりしないと言っても、わからないようだ。
  2. 新しい練習方法を教わったけれど、ぼくはまだ消化不良だ。慣れるまでには、もう少し時間が必要だ。
  3. 簡単だから覚えろと言われても、新しい技術を習得するためには、もう少し勉強する必要がある。今の状態では完全に消化不良だ。
  4. この薬を飲むと、食べ過ぎや消化不良に効果があるようだ。食事は落ち着いてとることが大切だ。
  5. 授業の進むペースが早くて、次々に新しいことを覚えなくてはならない。生徒の大半は、すでに消化不良を起こしている状態だ。このままではいけないと思い、先生に抗議することにした。

まとめ

消化不良というように、胃腸の働きが悪くて消化がうまくいかないことが、あるのではないでしょうか。
また、知識や技術が自分のものになっていないという意味もあります。
新しいことを身に付けるには、勉強したり練習したりする時間も必要ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事