縮衣節食【しゅくいせっしょく】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・対義語)

【四字熟語】
縮衣節食

【読み方】
しゅくいせっしょく

「衣を縮め食を節す」とも読む。
日本漢字能力検定
5級

【意味】
節約・倹約すること。衣服や食事をはぶき倹約するという意味。

【語源・由来】
陸游の詩より。「節」ははぶく、倹約するという意味。

【類義語】
・悪衣悪食(あくいあくしょく)

【対義語】
・暖衣飽食(だんいほうしょく)


縮衣節食(しゅくいせっしょく)の使い方

健太
兄さんが、急に短期留学をしたいって言いだしたから、縮衣節食のために毎日ご飯とお味噌汁だけなんだよ。
ともこ
育ち盛りなのに、栄養が足りているか心配ね。
健太
そうなんだよ。僕の成長も心配してほしいよね。
ともこ
健太くんが留学したいってなった時は、お兄さんが費用を出してくれるかもしれないわよ。今はしょうがないわよね。

縮衣節食(しゅくいせっしょく)の例文

  1. 家を建てる決意を固めたので、縮衣節食に努めています。
  2. 縮衣節食して憧れのレクサスを購入しました。
  3. 縮衣節食したおかげで老後の生活資金は万全です。
  4. ハワイに行ったことが無いという妻のために縮衣節食して、旅行費用をためました。
  5. 縮衣節食が苦手な健太くんは、お小遣い帳をつけて、何が無駄なのか可視化してみることにしました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事