八面六臂【はちめんろっぴ】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
八面六臂

【読み方】
はちめんはちめんろっぴ

【意味】
いろいろな方面できわだった活躍をすること。また、一人で何人分もの活躍をすること。もとは仏像などで八つの顔と六本の腕をもっていること。

【語源・由来】
「面」は顔、「臂」はひじ・腕。

【典拠・出典】

【類義語】
三面六臂(さんめんろっぴ)


八面六臂(はちめんろっぴ)の使い方

ともこ
健太くん。八面六臂の活躍だったわね。
健太
運動会は、僕が唯一活躍できる日だからね!お弁当を食べたら、午後からもさらに八面六臂の活躍をして見せるよ。
ともこ
まあ、楽しみね。でも健太くんの白組には負けないわよ。
健太
いやいや、このまま僕の力で白組を勝利に導くよ。

八面六臂(はちめんろっぴ)の例文

  1. 健太くんの八面六臂の活躍の噂は、町中に広まっていました。
  2. ともこちゃんの器用さが発揮され、八面六臂の活躍でした。
  3. 女性の地位向上に八面六臂の活躍をした人として有名です。
  4. あのおとなしいともこちゃんが、人前に出て八面六臂の大活躍ぶりで、ただ仰天するのみでした。
  5. 八面六臂の活躍が、新聞社の目に留まりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索