小人閑居【しょうじんかんきょ】の意味と使い方の例文(類義語・対義語・英語訳)

【四字熟語】
小人閑居

【読み方】
しょうじんかんきょ

【意味】
つまらない人間は、ひまを持て余して、ろくなことをしないということ。
小物人は、ひまでいるととにかくよくないことをするということ。

【語源・由来】
「小人(しょうじん)」とは、小物人。人徳のない人のこと。
「閑居(かんきょ)」とは、ひまでいること。ひとりでいること。

「小人閑居して不善を為(な)す」の略。

「大学(だいがく)」「小人は閑居しては不善を為すこと至らざる所無し」より出典。

「小人間居」とも書く。

【類義語】

【対義語】
・閑居養志(かんきょようし)

【英語訳】
Be doing nothing we learn to do ill.


小人閑居(しょうじんかんきょ)の使い方

健太
今週は毎日家で留守番を頼まれていて、いい加減飽き飽きしてきたよ。
ともこ
しっかり留守番しなきゃいけないわ。
健太
そんなこといわれても、とてもひまなんだ。だから、お菓子をたくさん食べたり、本当は禁止されているゲームをしたりしているよ。
ともこ
それじゃあ、小人閑居して不善を為すということじゃない。

小人閑居(しょうじんかんきょ)の例文

  1. 彼はまさに、小人閑居というようなことばかりしている。
  2. 今思えば、あれは小人閑居して不善を為すということだったと、とても反省している。
  3. 用がないからといって、小人閑居して不善を為すということをしていてはいけないよ。時間は有意義に使うことを心掛けてみないかい。
  4. 時間を持て余しているという彼女は、小人閑居して不善を為すというように、ろくなことをしていなかった。

まとめ

小人閑居というように、人徳のない人はひまでいると、ろくなことをしないということが、あるのではないでしょうか。
時間には限りがあることを自覚して、自分に出来ることを行って、有意義に過ごすことを心掛けたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事