大所高所【たいしょこうしょ】の意味と使い方の例文(語源・英語訳)

【四字熟語】
大所高所

【読み方】
たいしょこうしょ

【意味】
個々の細部にとらわれない大きな観点のこと。偏見や私情を捨てた広い視野をいう。

【語源・由来】
「大所」は広い視野。「高所」は高い場所から。

【英語訳】
take a wide view

viewは「視野」という意味の名詞。
英文例
大所高所は重要だ。It is important to take a wide view.
【スポンサーリンク】

大所高所(たいしょこうしょ)の使い方

ともこ
修学旅行の実行委員になったんだって?大変そうね
健太
行く場所はおおまかに決まってるんだけど、細部はこれからなんだ。みんなの意見を聞きたいんだけど、収集がつかなくなりそうで困ってるんだ
ともこ
個々の意見も大事だけど、大所高所で判断した方がいいわよ
健太
そうだね、とりあえずアンケートをとってみるよ

大所高所(たいしょこうしょ)の例文

  1. 会社を立ち上げてからもうすぐ一年が経つ。その間、様々な判断をしなければならなかったが、段々とコツがつかめてきた。結局、大所高所でものを見ることが一番大切だ。
  2. どの高校に進学すればいいのかを決められなくて父に相談したら、自分が本当にやりたいことが何かを、大所高所で考えなさいとアドバイスしてくれた。
  3. 転職すべきか、今の会社にそのまま留まるべきか、非常に悩んでいる。枝葉末節にこだわらずに、大所高所な視点で判断しなければ、後々後悔しそうだ。
  4. 私は何かと細かいことが気になる性格で、それが災いして物事を決めるのが苦手だ。親友はそんな私に、大所高所で考えるくせをつけなさいと言ってくれるが、なかなか難しい。
  5. 私の友達に将棋がとても強い娘がいて、ある日将棋のコツを聞いてみた。答えはシンプルで、大所高所で戦略を考えることだそうだ。

まとめ

「大所」は広い視野、「高所」は高い場所から、大所高所(たいしょこうしょ)は、個々の細部にとらわれない大きな観点のことを意味する言葉となりました。どうしても細部が気になってしまいがちですが、大切なことを判断する時は、なるべく大所高所(たいしょこうしょ)な視点で考えるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事