滄海遺珠【そうかいのいしゅ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
滄海遺珠

【読み方】
そうかいのいしゅ

日本漢字能力検定
1級

【意味】
世に埋もれた有能な人材のたとえ。

【語源・由来】
『唐書』「狄仁傑伝」より。「滄海」は青い大海原。


滄海遺珠(そうかいのいしゅ)の使い方

健太
ともこちゃんは何で、あんな地味な男子生徒を生徒会副会長にしようと思ったの?
ともこ
この学校の生徒会長として、有能な副会長がどうしてもほしかったのよ。
健太
彼のうわさを聞いたことがないけれども、本当に優秀なの?
ともこ
そうよ。滄海遺珠を抜擢することができて私は嬉しいわ。

滄海遺珠(そうかいのいしゅ)の例文

  1. 滄海遺珠だった健太くんが社長の目に留まり、出世の道を歩むことになりました。
  2. そのスカウトマンは、滄海遺珠を探すために、日本中を回っているとのことでした。
  3. 滄海遺珠を世に出すのが私の仕事であり役目です。
  4. 健太くんは作家として滄海遺珠、こんなすごい作品を書く人が、今まで世に認められなかったなんてそんなことがあるんだろうか。
  5. 滄海遺珠を発掘するスカウトキャラバンで、ともこちゃんは審査員特別賞を受賞し、アイドルとしてデビューすることが決まりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事