多情多恨【たじょうたこん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
多情多恨

【読み方】
たじょうたこん

日本漢字能力検定
5級

【意味】
物事に感じやすいために、うらみや悲しみも多いこと。また、恋愛感情が豊かなさまにいう。


多情多恨(たじょうたこん)の使い方

健太
なんだか最近、生きるのがつらいなあ。
ともこ
多情多恨なタイプの健太くんは、傷つきやすくて毎日が大変でしょうね。
健太
そうなんだよ。こんなにつらい毎日なのに、生きる意味って何なのかな?
ともこ
生きている意味は幸せになることと彼のアリストテレスもいっているわ。この世に生まれてきた意味を見つけて幸せになりましょうよ。

多情多恨(たじょうたこん)の例文

  1. 健太くんは多情多恨だから、感情豊かな文章を書くことができるので小説家に向いているような気がします。
  2. 多情多恨なともこちゃんの心を救ったのは、仏陀の教えである「天上天下唯我独尊」でした。
  3. 健太くんは多情多恨な人なので、自分で自分を追い詰めて自死を選ばないか心配です。
  4. 多情多恨であるともこちゃんは、痛ましいニュースを見て、自分のことのように涙するのでした。
  5. ともこちゃんは恋愛体質なのか、多情多恨というのか、恋に泣き、恋に生きる人でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事