澹然無極【たんぜんむきょく】の意味と使い方や例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
澹然無極

【読み方】
たんぜんむきょく

【意味】
この上なく静かで安らかなこと。

【語源・由来】
「澹然」は、静かで安らかなようす。「無極」は、きわまりないこと。

【典拠・出典】

【類義語】
無事息災(ぶじそくさい)
・無事平穏(ぶじへいおん)
・平安無事(へいあんぶじ)
無憂無風(むゆうむふう)


澹然無極(たんぜんむきょく)の使い方

健太
老後は澹然無極でありたいなって父さんたちが言っているよ。
ともこ
澹然無極であるためには、2000万円が必要なんですって。
健太
2000万円かあ。年金制度が破綻しているし、澹然無極な生活は無理だなあ。
ともこ
澹然無極な生活ができるように、健太くんが稼いで養えばいいのよ。

澹然無極(たんぜんむきょく)の例文

  1. 都会を離れたからといって、澹然無極な暮らしができるわけでもない。
  2. ともこちゃんは、心を病み、澹然無極な生活をしたいと考えています。
  3. 雑音の少ない澹然無極な暮らしが理想的です。
  4. 澹然無極の生活は、生きている限りなかなか難しい。
  5. 無人島に行けば、澹然無極な暮らしが可能だろうか。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2022年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索