尭年舜日【ぎょうねんしゅんじつ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語)

【四字熟語】
尭年舜日

【読み方】
ぎょうねんしゅんじつ

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
世の中が平和で穏やかなこと。

【語源・由来】
沈約「四時白紵歌」より。「尭」と「舜」はどちらも古代中国の伝説の聖天子のこと。尭帝と舜帝が国を治めた平和な年月ということから。

【類義語】
・尭天舜日(ぎょうてんしゅんじつ)
・尭風舜雨(ぎょうふうしゅんう)


尭年舜日(ぎょうねんしゅんじつ)の使い方

健太
毎日芸能人の熱愛スキャンダルで世間は盛り上がっているね。
ともこ
尭年舜日だわねえ。
健太
そうだね。尭年舜日だから、ゴシップネタで盛り上がることが出来るんだよね。
ともこ
平和っていいわねえ。

尭年舜日(ぎょうねんしゅんじつ)の例文

  1. 戦争を経験したおじいちゃんは、尭年舜日に生まれたことに感謝しなさいといいます。
  2. 江戸時代は、尭年舜日な日が長く続いたと言われています。
  3. この国は毎日が尭年舜日ですが、世界には内戦で苦しんでいる国もあります。
  4. 尭年舜日を当たり前のことと思わず、努力して守っていくことが大切です。
  5. 政治家次第で、尭年舜日があっけなく崩れる日が来ることもあるのだから、選挙に参加することは大切なことです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事