天理人道【てんりじんどう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
天理人道

【読み方】
てんりじんどう

【意味】
天の道理と、人の踏み行うべき道。世の中で正しいとされるものごと。

「天理」は、万事万物が調和を保って存在するための自然の道理。天のおきて。「人道」は、人が踏み行うべき正しい道。

【類義語】
・天理人情(てんりにんじょう)


天理人道(てんりじんどう)の使い方

ともこ
健太くん。それは本当に正しいと言えるの?
健太
正しいと思うんだけど・・・。
ともこ
天理人道に基づいている?
健太
正しいかどうか自信が無くなってきたよ。

天理人道(てんりじんどう)の例文

  1. 総理と仲良しの人のためじゃなく、天理人道に基づいて政治を行うべきだ。
  2. 健太くんは、天理人道に背いた極悪人です。
  3. 天理人道を唱えている健太くんは、今どきの若者にしては、道理に基づいた正しい行動をする。
  4. ともこちゃんは、天理人道に基づいて判断する。
  5. 健太くんのような悪人には、天理人道は分からないだろうが、分かるべきだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事