天理人情【てんりにんじょう】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
天理人情

【読み方】
てんりにんじょう

【意味】
天の道理と、人の人情。世の中で正しいとされたり、人に受け容れられたりするものごと。

「天理」は、万事万物が調和を保って存在するための自然の道理。天のおきて。「人情」は、人の心。思いやり。人間らいい心。

【類義語】
・天理人道(てんりじんどう)


天理人情(てんりにんじょう)の使い方

健太
ともこちゃん。文化祭でメイド喫茶をやろうと思うんだけど。
ともこ
天理人情にかなうならばやればいいわよ。
健太
公序良俗に反することはしないし、みんなが幸せになるように、天理人情にかなうようにしたいと考えているよ。
ともこ
天理人情にかなっているならいいのよ。

天理人情(てんりにんじょう)の例文

  1. 天理人情に従って行動するべきです。
  2. ともこちゃんは天理人情にさえかなうならば、命を投げうってでもやるべきだと考えている。
  3. 天理人情に従うと、この研究は止めなくてはいけなくなる。
  4. 核開発は、天理人情にかなわない。
  5. 正しいかどうか迷った時には、天理人情に従えばよい。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【2021年】おすすめ四字熟語本

四字熟語の逆引き検索

合わせて読みたい記事