忠孝仁義【ちゅうこうじんぎ】の意味と使い方の例文(類義語)

【四字熟語】
忠孝仁義

【読み方】
ちゅうこうじんぎ

【意味】
主君に対する忠義と親孝行、思いやりと正義のこと。

【類義語】
・忠君愛国(ちゅうくんあいこく)
・仁義忠孝(じんぎちゅうこう)


忠孝仁義(ちゅうこうじんぎ)の使い方

ともこ
健太くん。またお母さんとけんかをしてきたの?
健太
登校する時にゴミ捨てに行ってっていうんだもん。こっちは遅刻しそうで急いでいるって言うのに困るよね。
ともこ
忠孝仁義を尽くさないと、孝行したい時に親はなしっていうわよ。
健太
反省して明日からもっとお手伝いをするよ。

忠孝仁義(ちゅうこうじんぎ)の例文

  1. 先生は、自分の両親が亡くなった時の話をして、生徒に忠孝仁義の大切さを説きました。
  2. 健太くんは、幼稚園の時、ゴレンジャーになりたいんだと言っていたけれども、今も忠孝仁義を胸に夢を追っているのだろうか。
  3. 忠孝仁義をしっかり児童に教えるために、道徳が教科化されました。
  4. 健太くんは空手で心身ともに鍛えられているからか、忠孝仁義をわきまえた立派な男の子です。
  5. 小学校時代に忠孝仁義をしきりに説いていた健太くんは、そのまま成長し、裁判官になりました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事