山雀利根【やまがらりこん】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
山雀利根

【読み方】
やまがらりこん

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
広く世の中を知ることはせず、自分の知っていることだけにこだわることのたとえ。

【語源・由来】
やまがらは一つの芸を覚えることはできても、それを応用することができないこと。小利口。「山雀」は飼いならすと芸をするシジュウカラ科の小鳥。「利根」は利口な生まれつきの意。


山雀利根(やまがらりこん)の使い方

ともこ
健太くん。ゆで卵が残っているけれども食べる?
健太
ええっ。僕はコレステロール値を気にしているから結構だよ。卵は一日に二個食べてはいけないっていうしね。
ともこ
山雀利根ね。最新の見解ではコレステロール値は気にしなくていいし、卵は二個食べても体に悪くないのよ。
健太
いまさら考え方を変えることはできないよー。

山雀利根(やまがらりこん)の例文

  1. 世界の視点から日本を見ないと、山雀利根となり、さらに井の中の蛙になりかねません。
  2. 健太くんは典型的な山雀利根で視野が狭いから、彼の意見は参考になりません。
  3. 山雀利根じゃいい論文を書くことはできないよ。
  4. いい職人になるには、山雀利根な姿勢ではなく柔軟性が必要です。
  5. 五感をフル活用して身の回りのことを観察してごらんよ、君が山雀利根であることがわかるよ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事



四字熟語の逆引き検索