貴耳賤目【きじせんもく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
貴耳賤目

【読み方】
きじせんもく

日本漢字能力検定
準1級

【意味】
他人から聞いたことを信じ込み、自分の目で見たことを信じないこと。または、現在を軽視して、過去の出来事を重視すること。「耳を貴び目を賤しむ」とも読む。

【語源・由来】
「文選」張衝「東京賦」より。

【スポンサーリンク】

貴耳賤目(きじせんもく)の使い方

ともこ
健太くん。先生の今日のネクタイの色は何色だった?
健太
えーっと、僕が見たのは黄色だったんだけど、他の子が、今日の先生のネクタイは赤色だったって言っていたから赤かもしれない。
ともこ
どっちなのよ?それじゃあ貴耳賤目じゃないの。自分の目を信じなさいよ。
健太
だって、自信がないんだもん。

貴耳賤目(きじせんもく)の例文

  1. 貴耳賤目、人の言う事に流されていていてはいつまでたっても成功できない。
  2. 貴耳賤目、昔はこうだったから今もこうなると決めつけてはいけない。
  3. 貴耳賤目、ともこちゃんが間違えるわけがない、僕が見間違えたんだと思って何も言わずにともこちゃんについて行ったら、やっぱり道を間違えていたようです。
  4. 貴耳賤目、こっちの方が似合うわよと言われ、自分の好みじゃない方の服を買ったけれども、やっぱり自分のセンスを信じるべきでした。
  5. 貴耳賤目、いろんな情報があふれているけれども、自分の目を信じて自分の足で歩みましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事