兔起鳧挙【ときふきょ】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
兔起鳧挙

【読み方】
ときふきょ

「兔起ち鳧挙がる」とも読む。
日本漢字能力検定
1級

【意味】
すばやいことのたとえ。

【語源・由来】
『呂氏春秋』「論威」より。「鳧挙」はかもがぱっと飛び上がるという意味。


兔起鳧挙(ときふきょ)の使い方

健太
ともこちゃん。ばいばい。また明日ね。
ともこ
健太くん。今日は掃除当番だから帰っちゃだめよ。
健太
そうだった。でも約束があるんだ。今日は許して。ごめんなさーい。
ともこ
ごめんじゃないわよ。健太くんってば・・・。兔起鳧挙、逃げ足が速いんだから。

兔起鳧挙(ときふきょ)の例文

  1. 健太くんは兔起鳧挙だから、トレーニングすれば、相当早いリレーの選手になることができるんじゃないかな。
  2. そこに隠れていた怪しい人は兔起鳧挙といった動きで逃げたので、姿を確認できませんでした。
  3. 逃げ出したひよこは兔起鳧挙で捕獲に時間がかかりました。
  4. 健太くんの手の動きは兔起鳧挙だったので、息をつめて注視していたにもかかわらず、手品の種を見破ることは不可能でした。
  5. その泥棒は動きが兔起鳧挙で、あっという間に盗み、あっという間に人ごみに紛れるので逮捕できていません。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事