兎起鶻落【ときこつらく】の意味と使い方の例文(語源由来)

【四字熟語】
兎起鶻落

【読み方】
ときこつらく

【意味】
書画や文章に勢いがあることのたとえ。

【語源・由来】
「蘇軾」より。うさぎが巣から素早く飛び出したり、急降下しながらはやぶさが獲物捕らえたりする様子にたとえた言葉。「鶻」は鳥のはやぶさのこと。


兎起鶻落(ときこつらく)の使い方

健太
ともこちゃんの絵は兎起鶻落だね。力強くていい絵だね。
ともこ
ありがとう。自分でもうまく描けたと思っているの。
健太
これは、学校の裏山から見た景色でしょう?あのありふれた景色が、ともこちゃんの手にかかるとこんな風景に変わるんだね。
ともこ
ありふれてみえるかもしれないけど、山にはたくさんの生き物がいてパワーにあふれているのよ。山のおかげで良い絵が描けただけよ。

兎起鶻落(ときこつらく)の例文

  1. 健太くんの書いた元気という文字は、兎起鶻落、勢いが良すぎてはみ出していました。
  2. 今回の小説は、今までの軟弱な感じとは違って、兎起鶻落でいいね。
  3. 兎起鶻落な文字を書くために、都会から自然豊かな田舎に移住しました。
  4. 勢いのある彼の絵は、兎起鶻落といった感じで一番目立っていました。
  5. 迷いが一切ないまま書き終えたことがわかるような、兎起鶻落と言う感じのいい文章でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

合わせて読みたい記事